最低限の備蓄はしておきましょう

私が利用した健康食品は、サバイバルファミリー ある日突然、電気類すべてが機能が停止してしまい、そこで右往左往するある家族を描いた映画です。現在の世界では電気が無くなるとほぼ、すべての生活に支障が出ます。電車、車も使えず、もちろんスマホ、パソコンも駄目。そんな生活になった時に一体どうしたら良いのかを、ごく普通の家族の目線を通して描いています。興味深かったのは日本人はスーパーでも何でも、とりあえず並んでしまう事。サラリーマンはとにかく会社を目指す事。集団になると話し合いばかりで、結論が出ない。そして飲料水や食料の値段が徐々に値上がりするところも日本人ならではと思いました。海外なら暴動になり、身を守るための武器なども必要になるかもしれません。そうならない所がもしかしたら、日本人の美徳かもしれませんが。

健康食品を利用してみて、電気が使えない状況になり、都会に住んでいた場合、すぐに水、食料を手に入れる事が困難になります。この家族の場合も妻の実家である鹿児島を目指す事になるのですが、とにかく、サバイバル能力が低い。会社命の父親は状況が危機的なのに、仕事をしようとしたり、いざ鹿児島へというのに背広で行こうとする。子供達はスマホが使えない事に苛立ち、文句ばかり。母親は案外、ちゃっかりでへそくりは出してくるし、父親とっておきの高いお酒で物々交換してしまう知恵もありますが、何しろ体力がありません。ここまで電気が止まるような状況ってあり得ないかもしれませんが、災害はいつあるかわかりません。やはり備蓄と水、食料を自給自足出来るだけの知恵と体力は必要なのではないかと思いました。つい、便利な生活に慣れてしまうと昔ながらの暮らしを忘れがちです。そんな事を考えさせてくれる映画でした。
あわせて読むとおすすめ>>>>>タウリンサプリランキング